読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オムにっき

オムライスの記録

さくら情緒食堂 2

さくら情緒食堂でランチ♪

今回は、久しぶりに和食のほうへ。
洋食のほうも人気ですが、和食のほうがより人気。
千円以下のメニューも多く、ボリュームもあるため、昼時はいつでも待ちが発生しています。
そんなお店なので、昼休み中にちゃんと会社に戻ることが出来るよう、
オムスキーさんが予約をしてくださいました。

f:id:kozakurainko:20161210172055j:plain
エビフライ&お造り定食(限定5食)
エビフライ定食に刺身が三切れ付いたもの。

f:id:kozakurainko:20161210172955j:plain
エビフライ定食
オムスキーさんはこれ!

f:id:kozakurainko:20161210173401j:plain
重ねカツ定食 さっぱり梅おろしポン酢
私はこれ。この丸いのは大根おろし。

いやー大根おろし、綺麗ですね!
メニューに載っていた見本の写真より大きく、丸まるとしており、なかなかの眺め。
色合いもまた宜しいじゃないですか。
かき氷のような…
崩したくないなあ…

うーん、どのように食べるのが一番良いのか…
カツを目の前にして、重大な“大根おろし問題”と向き合うことに…

1.この丸のまま全てをつゆの入った容器にINする。カツはそこへダイブさせる。
2.カツを食べる量に合わせて、少しずつ丸を崩しながらつゆの入った容器にINしていく
3.丸はそのままで、この上からつゆをかけちゃう

どうしよっかなー
丸のまま、つゆにINしちゃうと、綺麗な丸の大根おろしの姿と早々にお別れしなくちゃいけくなるうえに、大根を全て摂取出来なくなる!ので、1はなし。

丸を崩しながらつゆにINしていくのは、しばらく大根おろしを眺めていることはできるけど、行為が分断されているだけで、やってることは結局1と同じ、なので、大根を、全て摂取出来なくなる。だめ、絶対。2も却下!

というわけで、大根おろしの上からつゆをかけて、楽しむことにしました。
付け合わせの山盛りキャベツも、大根と一緒に食べたらおいしかった。
満足満足♪
あ、カツの感想が無いね(笑)

が、わたしが“大根おろし問題”と向き合っている間に、同席者みなさま食事を終えてしまっていました。

f:id:kozakurainko:20161210193448j:plain
デザートも来ちゃった!
(クーポンでいただいた、おまけです)

もうちょっと周りを気にしながら食べないとね…反省はしている
次にこの反省を生かすかはわからない。

とにかく、ボリュームもあり満足です。
ごちそうさまでした♪

さくら情緒食堂 豚匠 初代 甚四郎(三重県 津市)